プロフィール
arachu
arachu
上州アスリートクラブ/ヘッドコーチ
関東学院大学→日清食品グループ→トライアスロン選手
※ニューイヤー(全日本実業団)駅伝出場、
自己ベスト:5000m13分51秒97、10000m28分14秒16、
マラソン2時間15分04秒、07年全日本トライアスロン宮古島大会14位、
アイアンマン・ワールドチャンピオンシップ(ハワイ)3回出場etc
Information
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 13人

2011年07月09日

陸上競技観戦の楽しみ方③~理事長も書いてますVol.12~

今日は、陸上アジア選手権in神戸。8月に行われる世界陸上(韓国/テグ)の最終選考会になります。今回は、陸上観戦をする際に「わかっておくと嬉しい情報」を添付します。

この1周は68秒ですねぇ…
長距離を観戦中に、解説者はこのようなコメントをします。正直「なんのこっちゃ」という人が多いと思います。これは、「1周400mのLAP」になります。このLAPには、前の周回との比較や、GOAL到達タイムの予測などに役立ちます。例えば、前の周回が72秒で、今回が68秒になっていたら、ペースが上がっており付いていけない(遅れる)選手も出てきて縦長の展開になります。タイムも5000mでしたら、15分ペース→14分10秒ペースに変化するというのですから、その差は歴然です。

ラスト勝負ですねぇ…
陸上競技には、最後の力を振り絞る「ラストスパート」というのがあります。先日の10000mでは、直前まで69秒前後で周回していたのに、「ラスト1周56秒」でバーレーンの選手は走り優勝しました。ちなみに3位だった村澤選手(東海大)は61秒前後だったと思います。最後の1周で5秒の差が付いてしまいました。日本人は、世界と比較すると持久力は勝っているのですが、スピードでは劣っていると言われています。ですので、ハイペースに持ち込み、「ラストスパートの切れを無くす」戦略でないと世界では通用しないのも現実です…。ですが、10000mの世界記録と1分20秒近くの差があるので戦略だけでは難しいですが…。

今日は、男女5000mの決勝が行われます。下記の早見表を見ながら、観戦すると少しは楽しめると思います。なおBS-TBSにて18:30~LIVE中継されます。

陸上競技観戦の楽しみ方③~理事長も書いてますVol.12~


同じカテゴリー(理事長のはなし)の記事画像
関東中学陸上観戦記/理事長も書いてますVol.31
弊社Webメディアの位置付け/理事長も書いてますVol.30
ロンドンオリンピック観戦記②/理事長も書いてますVol.29
ロンドンオリンピック観戦記①/理事長も書いてますVol.28
陸連登録しました~理事長も書いてますvol.27~
2012年のしたいこと~理事長も書いてますVol.26~
同じカテゴリー(理事長のはなし)の記事
 関東中学陸上観戦記/理事長も書いてますVol.31 (2014-08-09 16:28)
 弊社Webメディアの位置付け/理事長も書いてますVol.30 (2012-10-23 18:14)
 ロンドンオリンピック観戦記②/理事長も書いてますVol.29 (2012-10-17 19:35)
 ロンドンオリンピック観戦記①/理事長も書いてますVol.28 (2012-08-21 21:33)
 陸連登録しました~理事長も書いてますvol.27~ (2012-04-02 18:32)
 2012年のしたいこと~理事長も書いてますVol.26~ (2012-01-20 20:30)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
陸上競技観戦の楽しみ方③~理事長も書いてますVol.12~
    コメント(0)