プロフィール
arachu
arachu
上州アスリートクラブ/ヘッドコーチ
関東学院大学→日清食品グループ→トライアスロン選手
※ニューイヤー(全日本実業団)駅伝出場、
自己ベスト:5000m13分51秒97、10000m28分14秒16、
マラソン2時間15分04秒、07年全日本トライアスロン宮古島大会14位、
アイアンマン・ワールドチャンピオンシップ(ハワイ)3回出場etc
Information
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 37人

2011年05月09日

クールダウン、ストレッチ

今回の雑談は、本練習前に行なう準備運動的なことでしたが、今回は運動後に行なう「クールダウン」について少し簡単に説明します。

「クールダウン」
・一言で言えば激しい運動によって戦闘モードになった体を通常モードに徐々に戻していく為の運動。
・トレーニングで上がった心拍を正常の心拍に戻す。
・体の中の熱も正常に戻す。
・心拍や熱をそのままの状態にしたり、戦闘モードのまま終わると、体内の疲労物質が残り、筋肉痛や腰痛、肩こり、発熱になる可能性もあり、次の日の朝起きれず学校や仕事に行けない!練習も出来ない!ということもあります。一日一日の行いの継続があってのトレーニングですので、きちんと行なって次の日も元気に動けるように心掛けましょう!

・体が暖まった状態で行なう(特に入浴後に行うのは更に効果あり!)
・静止した状態で、リラックスしながらゆっくり行なう。
・1箇所につき約15~30秒くらい伸ばすのが良いと思います。
・勢いは付けず、しっかり静止する(無理に伸ばさない)
・息を止めない!(深呼吸しながらゆっくり伸ばすこと)
・痛くなるまで伸ばさない!心地良いところがベスト!

ここでスクールで行なってるストレッチをいくつか説明します。
「立った状態で行なう場合」

横に倒しながら横の筋肉を伸ばします(左右交互に)


腕を前に出し、背中周りを伸ばします。


腕を後ろに引き胸周りを伸ばします。


片方の肘を上に曲げもう片方の手で肘を持って伸ばします。(左右交互:上腕三頭筋(二の腕)を伸ばします)


腕をクロスにし、肩と腕を伸ばします。


しゃがんだ状態で片足に重心を乗せます。(ふくらはぎやアキレス腱を伸ばします。)


足を前後に開き、片方の足を後ろに伸ばしながら膝をつける(太ももの前側をのばします。)

次回(明日)は座った状態で行なうストレッチをいくつか教えます。