プロフィール
arachu
arachu
上州アスリートクラブ/ヘッドコーチ
関東学院大学→日清食品グループ→トライアスロン選手
※ニューイヤー(全日本実業団)駅伝出場、
自己ベスト:5000m13分51秒97、10000m28分14秒16、
マラソン2時間15分04秒、07年全日本トライアスロン宮古島大会14位、
アイアンマン・ワールドチャンピオンシップ(ハワイ)3回出場etc
Information
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 37人

2011年07月06日

新たな風?

(7/6・水:ブランチランニング)
昨日に探した日陰(片道:約1.5kmくらい)のコースを本日走ってみました。太陽ガンガンの芝生で走るときより全然ダメージを感じさせずに走っていただけました。集合してからその場所に移動し、体操・動き作りのあと、(5分ウォーキング-5分ジョギング)を8回:約40分間、ほぼ止まらずに行きました。陽射しの強いときはこのような日陰のコースで、曇ったときに芝生で走る。といったようにしていくのも良いと思いました。


(夕方:小学5.6年男子)
本日は何と新たに2名の生徒が加わり、6名の参加で行ないました。早速でしたが本日のメイン練習は「1000m+200m+100m」のレペテーション的なトレーニングを行ないました(個人的なタイムetcはあえて書きません)。比較的風が吹いてて、走りにくかったようでした。

このあとは「ミニハードル」といった道具を使って前後・左右の反復トレーニングと腕振りを行い、

ストレッチを行なって終了しました。
このように上級生のクラスも増えてくると活気が出てきます。嬉しい限りですface02。  

2011年07月05日

各スポーツ関係の場所etcで


11/3(木・祝)に行なわれる「ぐんま県民マラソン」の申し込みが開始され、各スポーツショップやスポーツジムetcに置いてありました。私たちにも数部送られてきました。あまり群馬県での大会が少ないのでとても貴重な気もし、まだ今現在の状態ではどうかと思いますが、出てみようかとも迷っています。

7/5(火)のおとランDay
(午前:ブランチランニング)
本日は土手の反対側に日陰の細長い公園のようなコースを見つけ、片道約1km少々の距離を片道歩いてジョギングで戻り、約半分の距離を往復ジョギングして、ストレッチで終了しました。終わった後もう一度そのコースを観に行って約1.5kmくらい取れそうなので明日一度そこで走ってみようと思います。

(夕方:Dinner練習)
体験者1名含め4名の参加!7月からは節電期間の為、健大高崎グランドも20:00までにはグランドでの練習を終わらせないといけなくなり、突然慌ただしく申し訳ございませんが19:20本練習がスタート出来るように少し早めに来てウォーミングアップetcを済ませるように取り組んでいきます(9/22ごろまで)。
本日の練習は250m×10~15本(間:125mjog)のインターバル走を行ないました。
A(50秒~55秒/Pace):53秒-52秒-52秒-53秒-54秒-53秒-53秒-53秒-55秒-55秒-52秒-52秒-52秒-51秒-50秒
B(60秒±/Pace):58秒-58秒-58秒-57秒-58秒-58秒-57秒-58秒-59秒-58秒
A’(ほぼAと同じ:遅れて来たので):55秒-55秒-52秒-51秒-51秒-50秒-50秒-50秒-49秒-43秒
その後、外でクールダウン、動き作り、ストレッチを行なって終了しました。それぞれの適性や能力通りの走りが出来ていたのかと思います。
  

Posted by arachu at 22:32Comments(0)おとらん!

2011年07月04日

陸上競技観戦の楽しみ方②~理事長も書いてますVol.11~

前回のブログでは、陸上競技の種目、各国(地域)毎の人気種目を書きました。今回は「私なり」の陸上競技の楽しみ方、観戦する際のポイントなどを綴っていきたいと思っております。※日本陸上競技連盟の陸上ガイドにもしっかり書いてありますので参考に。

まずは事前準備をしっかりと!
例えが適切かわかりませんが、解り易いと思うので書きます。競馬をやった事がある方なら理解できると思いますが、勝者を予想する際に「前走」・「持ちタイム」・「調教(直前練習)」・「実績」・「展開」などを予想すると思います。私は、事前情報としてこの情報をインプットしてから観戦に挑みます。
「前走」重視
短距離種目。短い距離なので、本番までに劇的に状態が上がってきたというのは少ないですね。大体、直前の予選通りの順位で決着することが多いと思います。※でも走破タイムが短いので、胸の差一つの番狂わせがある競技でもあります。
「持ちタイム」・「実績」重視
投擲種目。技術や精神面に大きく左右される種目で、大舞台で強い!と言われるのが多いのもこの競技です。ハンマー投げの室伏選手などは、5.6投目での逆転なども多く国際舞台の豊富な経験も生かされているのではないでしょうか?
「展開」重視
中長距離種目。国際大会などでは、タイムを狙うというよりも、メダルを狙いに来るので、極端にスローペースになったりすることもあります。周回を重ねるたびに、ペースを上げ下げして、ライバルを蹴落としていくというのも競技の醍醐味です。展開次第では、「前走」で良かった若手より、「実績」があるレース巧者であるベテランが台頭してくることも多いです。
「調教」重視
跳躍種目。踏切などのタイミングを重視する種目なので、いったん狂ったリズムを修正するのは容易ではありません。逆に言えば、調教(調整)が直前で上手にいった若い選手などがメダルが多くなる確率が多いのもこの種目です。

上記はあくまで私見です。ファンとしての見方ですので、競技者の方には反論があるでしょうが、ご了承頂けますと幸いです…。

相場観を養おう!
「フィギュアスケート」で「SP100点突破!」と言われてもモノサシが無いと凄さがわかりませんよね…。大会観戦で必要なのは「モノサシ」になってきます。とりあえず、世界記録はわかっておくべきですね。例えば、男子100mなら、予選9秒台なら→「まぁー決勝までいくだろう…」ハンマー投げなら、予選80mオーバーなら、「メダル圏内だな…」など、基準値があると観戦の楽しみも増えていくと思います。
男子100m9.58、男子200m19.19、男子10000m26:17.53、ハンマー投げ86.74m、やり投げ98.48mなどが世界記録です。詳しくはコチラ
あとは、世界陸上ならTBSで生中継されるので、織田裕二さんの注目選手情報などをインプットするのも良いでしょう。

と、私なりの楽しみ方を書いてみました。競馬がわからない方には、少し難しいかもですが…。「競馬と一緒にするな!」というご意見があると思いますが、あくまで観戦の一例ですのでご理解いただけますと幸いです。今回の世界陸上は韓国開催と時差は少ないので「家族の方にウンチク」を語る材料になって頂けますと幸いです(笑)。

【ちょっと宣伝】
弊社では、今年8月に韓国で行なわれる世界陸上ツアーを企画しています。
ご希望者は是非お問い合わせください!詳しくはコチラ


  


Posted by arachu at 20:03Comments(0)理事長のはなし

2011年07月03日

夏の過ごし方

7月に入り、猛暑が続いてきます。熱中症や水分の摂り過ぎにより体調も崩しやすい時期でもあります。
そこで私の競技経験からではございますが、私なりの夏の過ごし方(大人のジョガー向けに)などアドバイスしたいと思います。※小中学生のスクールや、大人のランニング教室では、対策を講じて「休憩・給水」などをしっかり取っているのでご安心ください。


・走るのであれば早朝や夕方の比較的涼しい時間を選んで走ってください(早朝であれば6:00~9:00までの間、夕方であれば17:30過ぎてから走り始めるのが良いと思います。特に6.7月は陽の時間が長いのでこの時間に走るのはお勧めです)。
・特に日中は陽射しも強く気温も高いです。ので、この日中の時間の外でのトレーニングは避けたほうが良いです。熱中症や脱水症状を起こす危険性があるからです。もしこの時間にしか出来ない場合は10分~15分ごとくらいに給水を撮ること。もしくは首や膝、足首に水をかけてあげるなど体温を上げない工夫も必要だと思います。あとは日陰のある場所を選んで走る。走っても1時間以内に済ませることを勧めます。
・日中は走る代わりに水泳やジムでの筋力トレーニング、エアロビクスやヨガetcのトレーニングで心肺機能を高めたり筋力アップ、柔軟性を高めるのも良いと思います(詳しいことは後ほどに)。
・あまり時間や距離などの数字を追わず体調などに合わせて集中出来る時間内で行なってください(距離やタイムetcは秋になれば必ず伸びてきます。だから焦らずに!)。やりすぎると秋になってかなりの疲労や体調にも影響しますので。
・水分ばかり摂らずにしっかり食事をして栄養を摂ること!(また詳しいことは後ほどに)
・体のケアや休養も大切です!(睡眠をしっかり!!夜更かしし過ぎないこと!!)


雑談はこれまでにして、本日7月始め(7/3:日)のスクールも無事に行ないました。
(早朝ラン8:00~10:00)
2kmコース×10周(20km) 8:20スタート TOTAL:1時間35分25秒
「10分29秒(5分12秒/kmPace)-10分18秒(5分05秒/kmPace)-9分54秒(4分54秒/kmPace)-9分44秒(4分52秒/kmPace)-9分31秒(4分42秒/kmPace)-9分27秒(4分40秒/kmPace)-9分18秒(4分35秒/kmPace)-9分00秒(4分27秒/kmPace)-8分58秒(4分26秒/kmPace)-8分54秒(4分24秒/kmPace)」

午後(13:00~14:30)小学1.2年生
グランド1周(250m)jog-体操-直線変則リレー-はさみ鬼(カラーボールを使って)-ドッヂボール-半周(1人:125m×4人)リレー-ストレッチ


(15:00~16:30)小学3.4年生
体操-グランド2周jog-動き作り-ウインドスプリント×2本-125m快調走1本-スタートダッシュ(30m×3本、50m×1本)-ドッヂボール-補強運動(腕振りと体幹バランス)-ストレッチ


これから真夏に向けてばてずに集中、継続出来る練習も考えていこうと思います。





  

2011年07月02日

陸上競技観戦の楽しみ方①~理事長も書いてますVol.10~

理事長も書いてますブログも、おかげさまでVol.10まできました。
「ものぐさ」な私ですが、「ブログ読んでます!」と言って貰えると嬉しいので書いちゃうんです。まぁ、単純なんでしょうね(笑)

さて、今回なのですが、「陸上競技観戦の楽しみ方」を綴っていきたいと思います。8月には、中学、高校の全国大会や、世界陸上なども開催されます。日本人は、マラソン・駅伝はよく観るのですが、競技場に行って観戦するというのは少ないように感じます。弊社も「陸上競技の普及」をうたってますので、少しでも多くの方々が競技場に通い、「陸上競技って楽しいな♪」と思ってくれると嬉しいです。

陸上競技の種目って何があるの?
陸上競技は「走る、飛ぶ、投げる」を競うシンプルな競技です。もう少し分けると「トラック(短・中・長距離、障害)、跳躍、投擲」に分かれます。
【短距離】100m、200m、400m
【中距離】800m、1500m
【長距離】5000m、10000m
【障害】110mハードル(女子は100m)、400mH、3000m障害
【跳躍】走高跳、棒高跳、走幅跳、三段跳
【投擲】砲丸投、円盤投、ハンマー投、やり投
【混成】十種競技(女子は7種競技)
※マラソン、競歩は沿道で行なう事が多いです。

どの種目が人気があるの?
国(地域)によって人気種目が違います。
【短距離】北中米で人気です。カール・ルイスやボルトを輩出している地域ですし、何より、「結果がすぐ出て解りやすい」というのが理由でしょうか?アメリカのプロスポーツを見ても、引き分けが無く、「白黒はっきり!」という文化が影響していると思います。
【中距離】西欧、北アフリカで人気です。800mは1分40秒台、1500mは3分30秒台。比較的短い時間で決着が付くこと、オープンレーン(レーン関係無し)になるので、駆け引きを楽しめます。チェスなどの戦略を楽しむヨーロッパ人には向いているのではないでしょうか。
【長距離】アフリカ、日本で人気があります。ケニア、エチオピアの強さは尋常ではないです(笑)。メダルはこの2カ国で独占すると言っても過言ではないです。長距離が国策になっているようですし、強くなって「生活を豊かに」というハングリー精神の強さも躍進の理由でしょう。日本は箱根駅伝もあるので、知っている選手が多いというのも人気の一つではないでしょうか。
【跳躍】中南米、ロシア、北欧諸国に人気です。高跳びでは、キューバ、スウェーデン、棒高跳びはブブカに代表されるロシアなどが盛んです。一般的に長身選手が活躍する傾向にあるのと、バネがあるカリブ系には向いているのでしょうか。
【投擲】東欧、北欧が人気です。パワー系の種目なので、旧共産圏の東欧は強いです。ドーピング問題などで、メダルが剥奪されるのも東欧ですが…、競技人口は多いのでしょう。やり投げなどは、スウェーデンが一時強かったですし、北欧の大会では、投擲種目はメインに近い扱いになるようです。

と、長くなりそうなので、今回はここまでにします。
次回は、競技毎の楽しみ方を書いていければと思います。

【ちょっと宣伝】
弊社では、今年8月に韓国で行なわれる世界陸上ツアーを企画しています。
ご希望者は是非お問い合わせください!詳しくはコチラ

  


Posted by arachu at 23:30Comments(0)理事長のはなし

2011年07月01日

ランニングブームについて②~理事長も書いてますVol.9~

今日から7月。今日1日から県内一の参加者を誇る「ぐんま県民マラソン」のエントリーが始まりましたね。さて、前回のブログではランニング、走る事の「ランナーの動機」について書きました。今回は、ランニングブームがもたらすメリットや今後の課題などについて綴りたいと思います。

経済効果は376億円!?
2011年の東京マラソンでは上記の経済効果があったといわれています。
ざっとの内訳は、参加費、宿泊、旅費、ウェア・シューズなどの購買、周辺地域での飲食費など様々です。東京マラソンの経済効果が高い理由は、参加料はもちろんですが、受付方法にあると思います。当日受付はせずに、前の3日間で受付を行います。そこでビッグサイトに「EXPO2011」という形で、物品販売ブースを設け、ウェア等の購買につなげているのです…。なかなか地方大会ではこうもいきませんけどね…。

その他の効果は?
国民がスポーツを行うことによって、「医療費の削減」につながります。食生活の変化や、運動不足による成人病の増加が叫ばれる中、ランニングは「成人病予防」という観点では貢献していると思われます。
その他に大きな注目点は「地域振興」でしょう。今年は、大阪・神戸、奈良などでも都市型市民フルマラソンが開催されます。来年以降は、千葉、京都、長崎などでも開催予定です。2匹目のドジョウという訳ではないですが、上記のような経済効果が期待できるのなら、開催したい地方自治体は多いでしょう。大阪や千葉などは、知事が先頭に立って開催にこじつけましたし…。

地域振興は可能なのか?
私の考えでは?です。?というのは、やりかた次第ではないかということです。「マラソン大会に出て終わり」では、本当の地域振興にはならないと考えます。マラソン大会参加→その土地の良さを知ってもらう→また観光で来てみたいと思わせる…というのが「観光産業」としてのマラソン大会の「本来の狙い」だと思っております。※主催者側の意見は色々あるでしょうが…。
具体的な話をしましょう。東京マラソン2011の参加者内訳は「1都3県で68%」です。その他近隣地域を含めると4人に3人は日帰りでしょう。当然上記の「宿泊」という効果は薄れますよね…。地域、海外居住者(今回は2600人/36000人)の少なさを見ると、東京の魅力を伝えるのは不十分だったというのも考え方によってはあります※まぁ東京はみんな知ってるし…というのはあるかもですが。
上手な例は、ご存知ハワイで行なわれるホノルルマラソンですね。かなり日本人の方のお金が落ちますし…。あとは連休の中日に行われた「八丈島マラソン」は良いなと個人的に思いました。場所的に日帰りは難しく、前泊or後泊した参加者が多かったと聞きます。私の知り合いも参加したのですが、八丈島が好きになったらしいです。恐らくプライベートでも行くのではないかと…。こういう方々を増やすのが「マラソン大会を利用した地域振興」だと思います。

もっと大会増やせばいいのに?
私は、大会運営を請け負っている会社さんで勉強をしていたことがありました。先日のブログでランニング人口2500万人、そのうち大会参加者が3割(750万人)と書きました。逆に言うと、90%以上の人が参加しないですよね。つまりは、「マラソン大会なんか必要無いよ」、「道路止めて日曜の大事な時間をどうしてくれるんだ」、「ゴミが増えるでしょ」など、近隣住民の理解が得ずらいというのもあるようです。その他にも、関係各所(道路利用の警察など)との調整(参加者の安全の確保、コースプランや緊急車両通行の確保など)も必要になってきて、一筋縄ではいかないようです。ですので、知事レベルからのTOPダウンではないと新しいマラソン大会の開催は難しいようです…。ちなみに群馬県にフルマラソンは無いです…。車社会というのも大いに関係しているのでしょうかね?

と、2回に渡り色々書きました。「ランニングは文化に定着」し、経済にも貢献していると言えます。けれども、練習施設(公園など)の確保や、自治体主導の大会運営など課題も多くあります。今後は「地域振興」という観点で「官民一体」で、「地域の特色を活かしたマラソン大会」が増えると良いなと個人的には思います。先日の富里スイカマラソン、フランスのワイン飲み放題メドックマラソンなど…。群馬だったら「名湯巡り&入浴マラソン」ですかね(笑)

  


Posted by arachu at 15:46Comments(0)理事長のはなし